Featured Posts

現代日本画家のホープとして期待される三鑰彩音の作品展「三鑰彩音-jamais vu-」を開催


西武渋谷店では2月19日(火)より、現代日本画家のホープとして期待される三鑰彩音(みかぎ あやね)の作品展「三鑰彩音-jamais vu-」が開催される。B館8階=画廊では、初期作品から現在に至るまで、約30作品を展示するとともに、今回は西武渋谷店の春の全館プロモーション「百花彩」のイメージアーティストとして迎え、花や女性像など瑞々しい作風をショーウィンドウやプロモーションスペースなど全館で展開される。 また2月22日(金)午後7時からは、本人を迎えてレセプションも開催。

会期:2019年2月19日(火)~3月18日(月) 会場:B館8階=美術画廊・オルタナティブスペース 及びB館1階=特設会場 <在廊期間> 2月19日(火)・23日(土)・24日(日) 3月1日(金)~3日(日)、9日(土)・10日(日)、15日(金)~17日(日) 各日午後2時~4時 <レセプション開催について> 会期:2月22日(金)午後7時~8時(受付:午後6時30分から)■会場:B館8階=美術画廊

三鑰 彩音/ Ayane Mikagi 1988年神奈川県生まれ。2016年多摩美術大学大学院美術研究科絵画先行日本画領域修了。2015年在学中に西武渋谷店主催の「シブヤスタイル」に出展。以降国内はもとより台北、マイアミ、シアトル、マーストリヒトなど海外のアートフェアでも活躍。多摩美術大学日本画研究室副手として後進の指導も行いながら、制作活動に励んでいる。

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon