Interview with Yuichi Nebashi

古町にあるセレクトショップAfterschoolで活躍されている根橋雄一さんにインタビューさせて頂きました。 1. Q.ファッション業界に入った経緯を教えてください A.アパレル業界に入る前は美容学校を出て美容師になったんだけど、辞めちゃって。 途方にくれてその後の約1年間は当時の彼女のヒモとして養ってもらう本当にしょーもない生活をしてて(笑) そんな何も刺激が無い生活を送ってたんだけど、常にファッションへの興味はあったんだよね。 雑誌を読んだり、コレクションを見たり、実際に洋服を買いに行ったりは変わらずにずっとしてて、 環境がいくら変わってもファッションへの興味が尽きないんだなぁって自分中で再確認出来たのが大きかったなぁ。 当時通ってた某セレクトショップの販売員さんを通じて、そのお店の面接を受けて、受かってって感じ。それがアパレル業界に入るきっかけかな。 2. Q. 販売員という選択をした理由ってなんだったんですか? A.販売員として働くきっかけになったのはやっぱり、良くしてもらってたお店の人の影響が一番。 洋服の事はもちろん、その他の色々なカルチャーだったり遊び方を教えてもらって、そのお陰で自分に自信が持てたし、生活が潤ったんだよね。 自分もお客様の生活に寄り添う存在になれたらなぁってのが始まりで、それが自分にとって一番身近で興味があって、影響を受けたのがファッションだったからってのが大きいかな。 だから働く場所として古町を選んだのは昔からよく来てたから馴染みがあったし、ここでなら自分のやりたい事を表現できる気がしたから。 忙しなくゆっくりとした時間の流れが自分にあってるし

interview with Yuta Takebe

古町にあるASOBINoBAやNOUVERTEmagazineでご活躍中のタケベユウタさんにインタビューさせて頂きました。 Q 1:今の仕事をするきっかけ . A 1: まず今の主な仕事ですが、ウェブマガジンやEコマース、イベント企画を主としたNOUVERTEmagazineと古町エリアにASOBINoBAというドライフラワーを取り扱う、らいおん堂さんとNOUVERTEmagazineのコラボストアを運営しております。 他にも色々な仕事をさせていただいているのですが、メインはファッションだったりアートに関わる仕事が多いです。 こういった仕事をするきっかけになったのは、スナップというものを大学生時代に始めた事がキッカケなのかなと思います。 東京の表参道前で夏休みなどの期間、大学の後輩とスナップを撮っていました。 韓国で留学していた時には、年に2回開催されるソウルファッションウィークでスナップを撮影して、それがキッカケでMr.Portraiter を運営する写真家のイリグチケンタ(現 NOUVERTEmagazine FASHION DIRECTOR)と東コレやロンドン、ミラノ、パリなどのコレクションに無理矢理ついて行く形で、世界各地でスナップを撮る事を経験できました。笑 それが今の仕事に繋がっているのだと思います。 . Q 2:新潟について . A 2:新潟に生まれ育って、約25年間ほぼずっと新潟市内に住んでいるので、愛着も凄くあります。 ご飯もお酒も本当に美味しいし、夏は川とか海でBBQもできるし、冬はスノボだったり(僕はできないんですけど、、笑)、それに温泉もたくさんあります

RECENT POST
FEATURED POST
CATEGORY

Follow Us

  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon