Featured Posts

アンドロイドに自由の権利はあるか Detroit: Become Human

#SF #近未来 #テレビゲーム #AI #アンドロイド


最近、AIの進化がすごいですね。将棋界(ponanzaの流れ)では、人間を打ち負かし、逆に人間に新戦術を教えたり、アートの世界でも、古典絵画を学習させて、瞬時に新しい絵を作る技術があるそうです。


今回は、アンドロイド(AI搭載ロボット)をテーマにした素晴らしいゲームを紹介したいと思います。タイトルは「Detroit: Become Human」。

ゲームしないしな、と思っている方もYoutubeで動画を見るだけで面白いと思うので、ぜひお付き合いください。

今回取り上げるのは、 PlayStation4のゲーム、 Detroit: Become Humanについて。


あらすじ

舞台は2038年のデトロイト、家庭用アンドロイドが普及した世界。これ以外は敢えて書きません。1分だけ時間ちょうだい。ぜひtrailer見て。


まず映像の綺麗さ、リアルさが目に付くと思います。なぜこんなにリアルなのか?それは、本物の役者の顔を読み取り、動きを記録し、アニメーションに反映させているから。

また、ゲーム中に3人の主人公が出てくるのに合わせ、soundtruckの作曲家も3人起用。それぞれの登場人物に合うsoundtruckが流れます。中には、わざわざこのsoundtruckのために楽器を自作している作曲家も。(詳しくはメイキング映像)


このように、このゲームの素晴らしいところは、detailにも表れていますが、注目すべきはシナリオ

プレイヤーの多くの選択によって結末が分岐するシステムになっている。プレイヤーは文字通り未来を選ぶのです。


僕が辿ったストーリーでの話

特に僕が注目したいのが、3人の主人公のうちの1人、マーカス。芸術家のアシスタントとしてのアンドロイドだったが、ある時廃棄される。それを経て彼は自我に目覚め、やがて自由の権利を社会に訴えかけていきます。アンドロイドにとって自由とは、奴隷のように延々と働かせられたり、ストレスのはけ口にさせられたりすることを拒むということです。アンドロイドたちの平和的なデモにより、世論は反アンドロイド感が治まり、むしろ好意的になっていきます。結末はネタバレになるので言いません。


人間性とは何か

登場するアンドロイドたちを見ていると、人間より人間らしいと感じるときがあります。彼らは愛情を持ち、絵を描き、何よりも葛藤をします。このような状況(アンドロイドが普及した世界)になったとき、私たちは何を基準に権利譲渡を考えたらよいのでしょうか?人間は、アンドロイドとどのように区別されるのでしょう?


チャウチャウはどう思うか

僕はこのゲームに出てくるアンドロイドを通して、人間は脆く、自己中心的であるが、反面、理解する力があるのだろう、と思った。何事にも言えることだが、常に見識を広く、そして相手の話を聞こうという姿勢を持つべきである。(社会に生きる動物としての自覚として)そうした姿勢を通して、人はアンドロイドとはじめて共生できるだろう。つまり、人か、ペットか、アンドロイドかは二の次で、いかにして相手を理解しようと試みるかが大事である。ゲーム内の状況に照らし合わせると、僕はアンドロイドたちに自由の権利を認め、共生したい。


さあ、あなたは、アンドロイドが自由の権利を持つことを許しますか?それとも許しませんか?


(PS4持っていないけど見てみたいという方は、Youtubeで動画検索してみてね)


最後に、このように考えさせてくれた本ゲームに感謝します。良すぎてプレイ後に他人に話したくなりました。アートとは、思想や考え方を人とつなぐもの、とよく言ったものです。その通りですね。

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon