Featured Posts

maco maretsがソロ名義では約1年ぶりの新曲「Standard」をYouTubeで公開。若手スケートブランド「Impudent Life」とコラボレーション。

2019年10月5日(水)0:00、東京を拠点に活動するラッパー・maco marets(マコマレッツ)の新しいミュージックビデオ「Standard」が公開された。

18年11月に2nd Album『KINŌ』(Apple Music/Spotify) をリリース後、収録楽曲のMVをコンスタントに公開してきたほか、今年に入ってからはLITE、Shin Sakiura、maeshima soshiといったアーティストの楽曲に客演参加するなどしてその存在感をアピールし続けているラッパー・maco marets。

そんななか、今回YouTubeで公開された楽曲「Standard」はアルバムリリースから約1年ぶりとなるソロ名義での新曲となる。

トラック制作を含むトータルプロデュースはこれまでの楽曲と同様にアズマリキ(Small Circle of Friends / Studio75)が担当。流麗なピアノのフレーズのループに、青年期の苛立ちをつづったリリックがタイトに響く、緊張感のある一曲に仕上がっている。

今回のミュージックビデオを制作したのは、河澄大吉(https://www.instagram.com/daikichi_kawazumi/)。honeyee.com(ハニカムマガジン)や、NEUT Magazineといったメディアのビジュアル撮影を行っているほか、The Japan Times(ジャパンタイムズ)で作品が取り上げられるなど、今注目を集めているフォトグラファーのひとりである。

(写真左:藤井相馬/右:よこせさくら)

また、主演をつとめたのは soma という名義でシンガーとしても活動する藤井草馬

https://www.instagram.com/somax2000/)。これまでYogee New WavesやアナログフィッシュなどのMVや2017年公開の映画『youth』にも出演している若手俳優である。

ヒロインには感覚ピエロやナードマグネットのアートワークに起用されているモデル・よこせさくら(https://www.instagram.com/sakurayokose/)を迎え、錆びついた関係の若いカップルを演じている。

さらに、出演者たちの着用しているトレーナーやフーディーなどは、先日リキッドルームで行われたLicaxxx JAPAN TOURの会場でも出店を行った気鋭の若手スケートブランド「Impudent Life」(https://www.instagram.com/impudent_life/)の2019A/Wラインナップとなっており、10月6日(日)まで原宿・kit galleryで開催中のPop Up Shopではそれらのアイテムを実際に手に取ってみられる(購入も可能)。

先週公開された「ODDIES」とのコラボレーション・ビデオに続いて、またしても同世代のクリエイターとの共作となったmaco maretsの新曲ビデオ。ジャンルの垣根を超えて、東京のカルチャー・シーンを巻き込みながら躍進を続ける彼の今後に注目してほしい。

<maco marets プロフィール>

1995年・福岡県生まれ。2016年6月、東里起(Small Circle of Friends / Studio75)のプロデュース&トラックメイクによる1stアルバム 『Orang.Pendek』で金沢を拠点とする「Rallye Label」よりデビュー。2018年11月にはセルフレーベル「Woodlands Circle」を立ち上げ、2ndアルバム『KINŌ』をリリースした。近年はShin Sakiura、TOSHIKI HAYASHI (%C)、maeshima soshiといったプロデューサーをはじめ、LITE、Group2、Half Mile Beach Clubなど、バンド/シンガーとのコラボレーションワークも多数。

Twitter:@bua_macomarets

Instagram:@bua_macomarets

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon