Featured Posts

ディオール 2019-2020秋冬 プレタポルテ コレクション:1950年代のテディ・ガールをイメージしたパンクなロンドン風メイク

2月26日(火)、パリ で行われたディオール 2019-2020秋冬 プレタポルテコレクションで、1950年代のテディ・ガールにインスピレーションを受けたグラフィカルでロックなメイクが発表された。

2月26日(火)、パリ ロダン美術館庭園にてディオール 2019-2020秋冬 プレタポルテコレクションが、発表された。アーティスティック ディレクター マリア・グラツィア・キウリがテーマに据えたのは、“テディ・ガール”。英国黎明期に誕生したサブカルチャーである“テディ・ボーイ”のガールフレンドを、1950年代風に再現している。 メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスは、グラフィカルでロックなアイメイクを主役にしたルックを完成させた。

1950年代後半のイギリスで流行したテディ・ガールズにインスピレーションを受けて、当時のロンドンの雰囲気とアヴァンギャルド感を醸し出すメイクに仕上げました。ロックのスタイルを再解釈して、漆黒のブラックを用いたパンク感のあるアイメイクが主役です」 ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター ピーター・フィリップス

EYES ダークでグラフィックな目元にするために「クレヨン アイライナー ウォータープルーフ094 トリニダッド ブラック」で上まぶたを塗りつぶし、その後に、「ディオールショウオンステージ ライナー 091 マットブラック」で、目のまわりに短いストレートの星のようなエフェクトをつける。完璧になりすぎないようにすこしラフに仕上げるのがポイント。その後に「ディオールショウ マキシマイザー 3」でまつげにボリュームを出し、「ディオールショウ パンプ&ボリューム」でまつげにカールをプラス。眉は、「ディオールショウ ブロウ スタイラー」で自然に整えられている。

FACEディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション」で、ピュアでナチュラルな肌がつくられてている。気になるパーツには、「ディオールスキン フォーエヴァーコンシーラー」と「フラッシュ ルミナイザー」でカバーを。

LIPS ナチュラルなリップにするために、「ディオール アディクト スクラブ&バーム」でケアをした後に、「ディオール アディクト ステラー シャイン 260 ミラージュ(4月19日発売予定)」で艶を。

CREDIT DIOR AUTUMN-WINTER 2019-2020 READY-TO-WEAR SHOW BACKSTAGE DIOR MAKE-UP CREATED AND STYLED BY PETER PHILIPS PHOTOGRAPHY: VINCENT LAPPARTIENT FOR CHRISTIAN DIOR PARFUMS

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon