Featured Posts

「ケイト・スペード」は、新クリエイティブディレクターのニコラ・グラスによるSpring 2019 コレクションを写真家ティム・ウォーカーが撮り下ろしたキャンペーンビジュアルを発表


新クリエイティブディレクター ニコラ・グラス(Nicola Glass)の初コレクションとなるSpring 2019の発売を祝してニコラ・グラスは米女優ジュリア・ガーナ―(Julia Garner)、サディ・シンク(Sadie Sink)、そしてキキ・レーン(Kiki Layne)を「ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)」の2019キャンペーンのヒロインとして迎えた。3人はいずれも、ニコラ・グラスが、ブランドコンセプトとして掲げるoptimistic femininity(楽観的な女性らしさ)を体現する、前向きで自信に溢れながらも、あたたかで心地良い感性をもった女性たちだ。同キャンペーンは、ブランド創業以来多くのキービジュアルを撮影してきた写真家ティム・ウォーカー(Tim Walker)により撮影された。ティム・ウォーカーはストーリー性の強いシュールレアリスティックな作風で知られ、今回は創業者であるケイト&アンディ・スペード夫妻とともにコラボレーションした1999年~2006年以来のカムバックとなる。スタイリングはサラ・ムーン(Sara Moonves)が担当した。

今回のビジュアルは、ニコラ・グラスの新しいブランドビジョンの核である楽観的でフェミニンな世界観を表現したもので、週末に友人同士が思いつくままに集まり、ふとしたことから人生の喜びや親密な瞬間を分かち合う、というコレクションのテーマにインスピレーションを受けたという。

ニコラ・グラスのクリエイティブディレクションのもと、ケイト・スペード ニューヨークは、女性たちが彼女の人生のヒロインとして生きることを称賛します。どこにいてもどの世代でもどんなスタイルであっても、彼女自身が思い切り人生を楽しみ、そして手を取り合うことでどんなことも不可能ではないと信じられること、それがケイト・スペード ニューヨークが届けたいメッセージだからです。今も昔も変わらない、ケイト・スペード ニューヨークの核となるDNA –モダンな色使いとオーセンティックなデザイン-を尊重しながらも、ニコラ・グラスは彼女らしい手法でブランドらしさを進化させました。ニコラ・グラスはブランドの原点にインスピレーションを受けながらも、シーズンを重ねるごとにどのカテゴリーでも共通する、ブランドにとってたしかなコアエレメントを根付かせようとしています-まずは「スペード」そのものから。コレクションを通して、スペードはデザインの一部として多数登場します。スペードを象った柄、ハードウェア、モチーフというように、ときに大胆に、ときにささやかに。

70年代と40年代を感じさせるフェミニンなシルエット-モダンで想像もつかないようなコンビネーションのカラーに溢れたパレット-発見に満ちたユニークでほかにはないプリント-ひとつ上のステージへと導く丁寧に考え抜かれたハンドバッグタグ、これらすべてがニコラ・グラスの思い描くevery day luxuryなのです。 今回のキャンペーンはNY州EldredのFloating Farmhouseで撮影された。

CREDITS:  Stylist: Sara Moonves Hair: Malcolm Edwards Makeup: Sam Bryant Nails: Honey

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon