Featured Posts

ニューヨークで撮り続けるということ 台湾人の写真家Ho Chien Chen

ニューヨークで撮り続けるということ 台湾人の写真家Ho Chien Chen

世界最大級の都市、ニューヨーク。経済やアート、ファッション、カルチャーの発信地であり、そこには様々な人種、宗教、言語、歴史、文化、バックグラウンドを持った人々が世界中から集まってきて生活をしている。それらが融合し、新しい文化が常に生まれている。そんなニューヨークには様々な分野の才能に長けた人々が集まる。

現在はニューヨークに活動拠点を移し、写真家としてVogue Runway、WWD、SICKY Magazineなどの撮影を手掛けるなど、活躍をしている1人の台湾人女性写真家 Ho Chien Chenにインタビューさせていただいた。

写真を撮るようになったきっかけは何ですか?

まず、私はファッションが好きだということですね。

私は自己表現のひとつのツールとしてファッションに魅了されています。ファッションは本物の自分自身を引き出すことによって一種の固定概念から抜け出して、より親密感を得ることができるんです。

ちょうどニューヨークへ引っ越したとき、近所にクールな子供達が住んでいたんです。

彼らはどのように服を着こなすのか。そして、私はどのように彼らの個性や振る舞いを表現するべきか常に考えていたんです。そして、ある日、彼らに『もしあなた達がよければ一緒に撮影しませんか?』と尋ねたんです。これが私のフォトグラファーとしてのキャリアをスタートさせたきっかけです。

今はニューヨークに拠点を置き、ファッション関係のエディトリアルやポートレートなどの撮影に集中して取り組んでいます。

写真の魅力は何ですか?

写真を通して自分の創造性を実現できることだと思います。私は美しいものがとても好きなので、自分の中にあるたくさんのイマジネーションを美しい写真として現実のものになるようにしていきたいですね。

写真を学ぶために、学校に通ったそうですがどんなことを学びましたか?

私は、ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツに通い、ファッションフォトグラフィーについて学んでいました。特に、ファッションとコンセプトとをどうやって組合せるのかという方法について、多くのことを学びました。

学校側は、私たち生徒にアイデアを築き上げさせ、それを一緒に実現させることに熱心でしたね。撮影において最も重要なことはチームワークだと思っています。撮影というもの決して1人ではありませんから。カメラマンだけではなく、もちろんモデルがいて、スタイリストがいて、ヘアメイクがいて、、、

だから、チームとしてコミュニケーションをとり、一緒に働くものですから、チームワークを良くする方法を知らなければなりませんよね。

"チームワークを良くする方法"??

あくまで私の考えですが、写真家は、撮影前に撮影の出来上がりだったり枠組みをイメージできる人でなければならないと思っています。どのような髪にするのか。どのような化粧にするのか。そういったものを撮影前にイメージしなければなりません。それと同時に適切なタイミングで、チームのそれぞれの人に仕事を委ねることも大切だと思います。それぞれを信じて。

ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアル・アーツを卒業してからも、ニューヨークに拠点を置いていますが、あなたにとってニューヨークとはどんな場所ですか?

写真家にとっては最適な場所だと思います。恐らく、ニューヨークという街は世界で一番、多文化が共生していますから。それぞれ文化の違うバックグラウンドを持つ人々がいる為、本当に毎日のようにインスパイアすることができますし、同じことをしている人も山ほどいるので、競争力が本当にありますね。ニューヨークのここに住む人々は、共同作業や一緒にクールなプロジェクトを行うために、本当にオープンマインドな姿勢で取り組んでいる人が多いですよ。

ニューヨークという競争の激しい都市で生き残る為には、フォトグラファーとしてどうあるべきですか??

常に様々な異なる分野の方々と仕事をしなければならないと思います。私は常にアンテナを張り続けるように意識しています。今はInstagramだったり、友達のパーティーだったり、あらゆる場面で人と繋がるチャンスはありますよね。ニューヨークという街は働く人々を満たす本当に素敵な街です。だから、あらゆる分野に長けた面白い人々が集まっています。そんな異なった才能を持った方々と共同のプロジェクトをすると、写真だけではなくて、私自身の新たな可能性を開いてくれます。可能性というのは無限大ですから。

では、最後にこれから先どんな活動をしていきたいですか?

私は写真や映像に焦点を当てて、絵画や彫刻、ビジュアルコミュニケーションなど、様々な分野の異なる方々と、共同でプロジェクトを進めていけたらと考えています。

Ho Chien Chen

1990/05/24 台湾に生まれる。現在はニューヨークに拠点を移し、活動している。

Vogue Runway、WWD、SICKY Magazineなどの撮影を手掛ける。

また、Red Hook Labs、Fast Retailing(Uniqlo)、Theory、Helmut Lang、New York Headquarterなどショーの撮影も手掛けた。

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon